トップ > 梱包機械  > 発泡気泡緩衝材製造機(インスタパック)

シールドエアージャパンの発泡気泡緩衝材製造機のインスタパック®(Instapak®)の販売いたしております。

 機械を使用することなく、簡単に発泡の緩衝材をお使いになりたい方はインスタパッククイックRTをお勧めいたします。

 インスタパック®は梱包現場で液体を200倍以上に発泡させ、クッション性の良いポリウレタン緩衝材で包装するシステムです。少量多品種で形状が複雑な製品もジャスト・イン・タイム方式で簡単確実に包装いたします。

 トータル物流の合理化をご提案します!!

 ポイント@ インスタパック®はどんな製品でも確実に固定緩衝します。
 ポイントA インスタパック®は梱包に関わる人件費を大幅に削減します。
 ポイントB インスタパックは®包装資材の保管場所・発注管理を削減します。


インスタパック®システムの紹介いたします。

 一台のインスタパック®システムで、あらゆる包装に対応いたします。

 一日の梱包数が5個のお客様にも、5,000個のお客様にも、インスタパック®システムがお役に立ちます。
  インスタパック®システムは使いやすく、信頼性の高い包装システムです。

インスタパック®900   インスタパック®901   スピーディパッカー®
インサイト
  インスタパッカー
テーブルパッカー
インスタパック900   インスタパック901   スピーディパッカー インサイト   インスタパッカー テーブルパッカー
小型で簡単、安心して使えるシステムです。   高性能で効率アップ、ハンドタイプの包装システムです。   あらゆる包装に対応したフォーム・イン・バッグシステムです。   コンパクトタイプのフォーム・イン・バッグシステムです。

▲ページの先頭に戻る

インスタパック®の包装方法のご紹介

直打ち法(フォーム・イン・プレイス)

 あらゆる形状、サイズの製品に対応する緩衝材・固定材としてお使いください。

インスタパック 直打ち法1   インスタパック 直打ち法2   インスタパック 直打ち法3   インスタパック 直打ち法4
インスタメイト(ポリフィルム)を敷いたカートンに、インスタパック®液を注入します。   インスタメイトを発泡中のインスタパック®に被せ、その上に製品を固定します。   2枚目のインスタメイトを製品の上に敷き、その上にインスタパック®液を注入します。   カートンのふたを閉めて完成です。インスタパック®発泡体は、中の製品を包み込むように成形されます。

成形品手法(プレモールド)

 製品の形状、サイズに合わせた設計で、保護性が高く効果的な緩衝材としてお使いください。

インスタパック 成形品手法1   インスタパック 成形品手法2   インスタパック 成形品手法3    
作りたい緩衝材の形状に合わせて木型を用意します。   木型にインスタメイトを敷き、インスタパック®液を注入してふたを閉めます。   発泡が終了すると設計どおりの緩衝材が完成します。    

フォーム・イン・バッグ

 豊富なサイズの袋入り発泡体による、空間充填材、緩衝材、固定材としてお使いください。

インスタパック フォーム・イン・バッグ1   インスタパック フォーム・イン・バッグ2   インスタパック フォーム・イン・バッグ3   インスタパック フォーム・イン・バッグ4
希望する袋の長さとインスタパック®発泡体の量を選びボタンを押します。   発泡体が注入された袋をカートンの底に敷き、発泡している袋の上に製品を置きます。   もうひとつの発泡体の注入された袋を製品の上に置き、カートンのふたを閉めます。   袋の中の発泡体が製品とカートンの間で膨らみ、製品の形状に合った緩衝材を成形します。

連続チューブ発泡体(CFT)工程

 汎用性の高いチューブ発泡体は、さまざまな製品にお使いいただけます。

インスタパック 連続チューブ発泡体(CFT)工程1   インスタパック 連続チューブ発泡体(CFT)工程2   インスタパック 連続チューブ発泡体(CFT)工程31   インスタパック 連続チューブ発泡体(CFT)工程4
コントロールパネルでチューブの連続作製数量やチューブの間隔の設定が行えます。チューブの直径や長さも任意に調節できます。   連続チューブ発泡体は、製品の下敷きとして使えます。   チューブ間隔の設定により、部分的な固定緩衝が、容易に行えます。   用途の広い連続チューブ発泡体は、6面全ての保護材として使えます。

▲ページの先頭に戻る