TOP・ホーム > 物流機器 > パレット > 段ボールパレット

ダンボール・段ボールパレットを販売いたします。B to Bサイトです。

 ダンボールパレットはメーカーにより製造方法が違うために多くの種類があります。ダンボールパレットの桁(足)の部分では、積層ダンボールを使ったものと紙管を使ったものなどがあります。一般的にダンボールパレットは偏加重に弱いために、平均的に荷重がかかるように積まなければなりません。

 ここでは、
   − 桁に積層ダンボールを使った標準的なダンボールパレット
   − 桁を工夫し、ねじれに強いダンボールパレット「ユニパル
を紹介いたします。

標準的なダンボールパレット

 一般的に天板を強化ダンボール等を使って丈夫にすることにより使い勝手をよくしています。下板は仕様により、付けたり、付けなかったりいたします。下板をつける場合、ハンドリフトの使用の可能性がある場合には、大きい1枚のダンボールを貼るわけにはいかないために、下右図のように3枚(仕様による)のダンボールを貼ることになります。

ダンボールパレット ダンボールパレット
▲ページの先頭に戻る

ユニパル

ユニパル ユニパルは桁と桁を井桁状に組み合わせた構造になっており、 偏荷重にともなうねじれに対し、大変強い構造体のダンボールパレットです。

  ユニパルには「I型」、 「II型」、「S型」と3種類ありますが、右の写真は「I型」です。I型は「I桁」と「L桁」2種類の桁を使います。積載重量により紙質、桁の本数や組み方を変えることもできます。 よって、ツメ幅の狭いフォークリフトやハンドリフトにも対応ができ、 さらに二方差し、四方差しにも対応できます。

 ユニパルをお見積りする場合、サイズにもよりますが、およそ30枚以上で申し受けます。

 下記はユニパルのサンプルの写真です。

ユニパル 700 x 700 1ton用 ユニパル 1000 x 1000 500kg用 ユニパル 1000 x 1000 1ton用
ユニパル 700 x 700 1ton用 ユニパル 1000 x 1000 500kg用 ユニパル 1000 x 1000 1ton用
700 x 700 1ton用 1000 x 1000 500kg用 1000 x 1000 1ton用

 

▲ページの先頭に戻る